NEWS

県身連からのお知らせ

10月18日 (火)

第30回ミュージックふれあい交流会記念大会 ~グランドチャンピオン大会~開催!

去る10月4日(火)新潟ふれ愛プラザにおいて、第30回ミュージックふれあい交流会記念大会が3年ぶりに開催されました。
過去2年間、コロナの影響により中止となっていましたが、今年はコロナ対策を徹底し、規模を縮小して開催しました。
今回は、記念すべき30回目ということで、過去10年間の交流会で優勝、準優勝並びに第3位の入賞者から歌や演奏を披露していただく記念大会としました。
当日は過去の入賞者18名のうち、半数以上の11名の方からご出場いただきました。
記念大会にちなんで優勝者にはグランドチャンピオン賞が贈呈されます。また、そのほか特別賞として、出場者の豊かな演出力に対して贈られるパフォーマンス賞や個性的な衣装でステージを盛り上げていただいた方にはコスチューム賞が贈呈されます。
今回は、新たに司会進行役としてフリーアナウンサーの鬼木笑さんをお迎えしました。
鬼木さんのフレッシュで明るい声と機転の利いた司会はとても好評で、更に素敵な笑顔で会場に花を添えてくださいました。
コロナ禍の様々な制限を強いられる中で、出場者の皆さんはそれぞれに練習を積み重ねられ、本番は、日頃の練習の成果を思う存分発揮されていました。「久しぶりだから声もあまり出なくて…」などと不安気な声も時折聞かれましたが、そこはやはり過去の入賞者達、安定感のある歌や演奏を披露され、一般来場者も含め県内各地から集まった100名を超える聴衆からは盛大な拍手が送られました。出場者も参加者も笑顔が多く見られ、コロナ以前のように笑顔溢れる交流会となりました。
一方、今年の出場者は全員、過去の入賞者ということもあり、例年以上に審査員を悩ませる審査となりました。
審査結果発表までの間、「サプライズ歌謡ショー」が行われました。サプライズゲストは、新発田市在住のサウンドフィルド所属歌手の三沢浩二さんです。三沢さんは地元のイベント企画や、カラオケ教室などでご活躍中。三沢さんのプロの歌唱力に会場は魅了されました。
そして、いよいよ結果発表。栄えあるグランドチャンピオン賞を受賞されたのは、南魚沼市の内藤チエ子さんです。男性の曲を見事に力強く伸びのある声で歌い上げた内藤さんは、優勝カップを手にすると満面の笑みを浮かべ「とても嬉しいです」と喜びを噛みしめていました。
帰り際、事務局がお見送りをしていると、「楽しかったよ!」「ありがとう!」と皆さん、思い思いに楽しんで帰られる姿が印象的でした。
また、今回記念大会ということで、参加者全員に記念品(ティースプーン)を贈呈しましたが、後日、「良い記念になった」と大変好評だったとの嬉しい報告もありました。
開催自体も危ぶまれた今回のコロナ禍での開催でしたが、「音楽とふれあうことは、心身を健康にする」正にそのことを実感させてくれた有意義な交流会となりました。

【受賞者一覧】

氏 名 (所属団体) 曲 目 等
グランドチャンピオン賞 内藤 チエ子(南魚沼市) 【歌唱】 四万十川 (三山 ひろし)
特別賞  パフォーマンス賞 藤田 芳雄(長岡市) 【テナーサックス演奏】
「ハーレム・ノクターン」メドレー (サム・テイラー)
特別賞  コスチューム賞 貝瀬 文枝(南魚沼市) 【歌唱】 母恋鴉 (天童 よしみ)

(敬称略)

↓↓↓
ミュージック交流会写真はこちら