NEWS

県身連からのお知らせ

7月21日 (水)

皆さまの声をお聴かせください ~コロナ禍での新しい生活様式における障害特性(身体障害)に関連した困りごと・配慮してほしいこと~

今年度、県身連ではコロナ禍での障害者の生活実態を把握し、新しい生活様式における障害特性に関連した困りごと等について当事者の方からの意見を取りまとめ、地域社会に向けて障害に対する理解を促進するための取り組みを行います。

コロナ禍における新しい生活様式では、障害者にとって必ずしも安心・安全とは限らず、不安や不便を感じている等の事例が見受けられます。
例えば、視覚障害者の事例としては「外出の際、職員や店員がいないため、検温や消毒液の場所が分からない」、聴覚障害者では「マスクを着用しているので、口の動きや表情が読み取れない」などが挙げられています。
そこで、県身連では、身体障害のある当事者の皆さまからの声をお寄せいただき、今後、広報誌やホームページ等で広く地域社会へ発信していきたいと考えます。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【ご記入内容】
① 身体障害の種別(肢体、視覚、聴覚・言語、内部、その他)
② 性別
③ 年齢
④ 居住地(市町村名)
⑤ コロナ禍での新しい生活様式における障害特性に関連した困りごと・配慮してほしいこと

郵送、ファックスまたはメールで下記宛にお願いします。
なお、期限は令和3年10月29日(金)とさせていただきます。

社会福祉法人新潟県身体障者団体連合会
〒950-0121 新潟市江南区亀田向陽1-9-1 新潟ふれ愛プラザ内
F A X  025-381—1478
Eメール  kenshinren@n-fureaiplaza.com