LINK

  • 新潟県障害者交流センター
  • 新潟県聴覚障害者情報センター
  • 新潟県点字図書館
  • 新潟県障害者リハビリセンター
  • 社会福祉法人 新潟県身体障害者団体連合会
  • 新潟県障害者社会参加推進センター
  • 新潟県障害者スポーツ協会
  • 社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
  • 社団法人 新潟県聴覚障害者協会

新着情報

平成30年度地域団体研修会・会員総会が開催されました

去る7月19日(木)、20日(金)新潟岩室温泉ゆもとやにおいて新潟県身体障害者福祉大会終了後、「平成30年度地域団体研修会・会員総会」が開催されました。
この研修会は、昨年度まで地域団体の指導者の方々を対象としていましたが、今年度より、幅広く会員を対象とし、それぞれの地域において福祉の向上に役立てる事を目的に開催しました。

研修会では、NPO法人日本防災士会参与別府茂氏より「災害多発時代の防災対策~命と健康を守るために~」をテーマにご講演いただきました。
近年、甚大な被害をもたらす自然災害が多発しているわが国において、常日頃からの防災対策の重要性についてお話しいただきました。
防災対策で最も大切なことは命を守ること、避難生活で健康を守ることです。
命を守るためには、家具の固定などで耐震性を高めることの他に、災害多発時代であることの意識を持ち、地域の避難訓練等の積極的な参加や、地域住民との連携及びコミュニケーションを図ることが重要であることが分かりました。
また、避難生活対策には、避難生活が起こるかもしれないという意識を持ち、事前に必要なものを備えること、具体的には、障害者にとっては、障害者手帳、生活補助用具、薬など生活に欠かせないものの備えも必要であり、いざ災害時に役立つものとは常日頃からの備えであるということを学びました。
自分自身のためとしてだけではなく、近隣や地域での防災対策として役立つ貴重な研修会となりました。

次に、会員総会では、代議員会において審議、決定した平成29年度決算並びに平成30年度収支予算等について地域団体長等に報告するとともに、懸案事項等について意見交換を行ないました。

今年度、情報交換会として一泊研修会が復活しましたが、参加された皆さんは、他地区の方との交流を深め有意義な時間を過ごされていました。